大切なものを守るためのコトバ

手をつなぐ親子のイラスト シマリスのこども Chipmunk

『ワン・シング』という本のフレーズが響いたので、ご紹介します。

 

1点に集中すると、大きな成果を生み出せると言うことがこの本のテーマ。

 


ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果
中でも響いたのがこの話。

 

スティーブ・ジョブズはNOの天才

 

iphoneを生み出したスティーブ・ジョブズのエピソードです。

  

ジョブズは、アップル社に復帰したあと350あった製品のラインナップを10まで減らしました。

 

  

つまり、340回NOといったそうです。

 

何かにイエスと言うなら、何かにノーと言わなければならない。

結局、大成功を収める最善の方法は、的を絞り込むことだ。

ものを作る時って、ついあれもこれも、とどんどん付け足して行きたくなります。

 

Aのユーザーに喜んでもらえて、Bのユーザーのこんな問題も解決して…

 

制作段階ででてくる色んな課題に、場当たり的に対応していくと、いまいち誰にも響かないデザインに仕上がったりもします。

 

どう解決するかの前に、どれが課題なのか的を絞る。

 

たくさんの解決した方がよさそうな課題・絡み合った複雑なモノゴトから、「ココ!」という点を見極める事。

 

つまり、コンセプトをシンプルにする事

 

この土台があってこそ、「いい絵・美しい絵」の表現が生きてくるんだと思います。

 

そう考えると作家にとって大切なものを見極めるセンスが、何より求められるスキルなのかもしれません。

 

NOで、センスを磨く

シンプルなものづくりや、シンプルな生き方をするのって、実はすごく勇気のいることなんだなと再確認。

 

気がつけば「あれもこれも」に引っ張られてしまう毎日

 

ジョブズは開発者会議でこう話したそうです

 

『焦点をしぼることは、イエスということだ』とみなさんは思うでしょう。

 

でも、そうではない。焦点をしぼるとは『NO』ということなのです。

多方面にいい顔しようとしてしまうと、ピントのぼけたモノづくりになることも往々にしてあります。

 

でも本当にイイモノは、コンセプトが明確でシンプル。

 

「大切なものを、1000回のNOで守る」

 

これくらいの勇気を持って、研ぎ澄まされたモノを作っていきたいと思います。

 

デザイン・イラスト…ものづくりに携わる方に、ぜひおすすめです。

 


ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果

Ad

日本の小さな生きものイラスト作家 いぬいさえこ
日本の小さな生きものイラスト作家 いぬいさえこ
小さな生きもの達の、小さな物語を描いています。

大学では環境問題を中心に社会学を専攻。

環境・教育・まちづくりのポスターなど、社会問題×アート表現のお仕事に10年以上携わってきました。

【グラフィックデザイナー時代のポスター・リーフレットのお仕事】
東京大学 日本学術会議 大阪市 堺市 大阪府警察 etc...

「心」を出発点に、世の中の問題を考えるのがすきです。

子供の頃からいろんな事が気になったり、考えたりしてしまう内向的な性格。

たくさん悩んでしまう分、繊細な人のこころに、絵でそっと寄り添えたら…と思ってます。