ときに立ち止まり、考えること。

ニホンヤマネのイラスト ヤマネの絵 少年と星空

忙しすぎると感じた時は、一度、立ち止まること。

 

それが自分が好きな仕事でも、立ち止まること。

 

こんな事を、考えるようになりました。

 

忙しさは次の忙しさを呼び、果てのない焦燥感をつれてきます。

 

まずは、立ち止まること。

 

そんなときに立ち止まることで、むしろもっと、仕事を愛せるようになる。

 

より、プロになれる。

 

大好きな仕事で倒れてから、そんなことに、気づきました。

 

夢の仕事だからこそ、思考停止してしまうことがある。

この事を考えるようになったのは、絵の仕事を続けて10年立ったある日のこと。

 

仕事中に過換気症候群で救急車で運ばれたのがきっかけでした。

 

ストレスを起因とする、いわゆる過呼吸です。

 

絵の仕事をすることは子供の頃から20年間、ずっと目指してきた夢でした。

打ち合わせのカット シマリスとテンのイラスト 野生動物の絵 絵本タッチ Chipmunk marten illust cut

そのため、もちろん仕事をイヤイヤやってたわけではありません。

 

ただ、いま振り返ってみると、夢だからこそ当時の私は思考停止していたのかもしれません。

 

子供の頃からの夢だから、と違和感に蓋をしていた部分はあるかもしれません。

 

仕事は、軌道に乗っていました。

 

目の前が大量の仕事で埋め尽くされるようになり、知らず知らず心がすり減っていく日々。

 

深夜までの修正、取引先も忙しくて連絡がとれない状況、迫る締切…

 

複数の案件でスケジュールを管理する難しさや、締切は落とせない責任感。

 

土日や夜中にも仕事をして、当時の私はいつも焦燥感と不安にかられていました。

 

致命的なのが、絵のなんでもやさん

救急車に乗った日、病院の天井を眺めながら、あてどなく考えていました。

 

「絵を描いて生活する人になる」という子供の頃の夢は叶った。

 

でも、こんなに忙しすぎる毎日が、私の理想だったのかな?

 

一体私は、なんでこんなに忙しいのだろう。

 

一番致命的な事が「なんでも屋さん」になってしまっていたことでした

 

・24時間・土日や深夜の修正もOK

・安くします

・いろんなタッチで描けます

 

早い・安い・なんでも描ける…。でも、ハタと気づいたんです。

 

これは私が絵で提供できるもののオプションであって、本質じゃないのかも?

 

絵の仕事の本質って何?

逆に、絵の仕事の本質を考えてみました。

 

お客様は私の仕事に何を求めて、お金を払ってくれているのか。

 

それは結局のところ「絵が生みだすいい変化」なのだと気づきました。

 

たとえば、いい変化とはこんなもの。

 

行動の変化

絵 (表紙・ポスター・商品)を見る

なるほど・これいいな

やってみたい・買ってみよう

 

心の変化

絵(似顔絵・アート作品)を見る

すてき・いやされる

なんだか元気になる

 

イラストレーターの仕事は絵が生む良い変化に、お金を払って頂いている。

 

いくら早くても、いくら安くても…

 

もっといえば、いくらキレイな絵でも…

 

見る人の心に何も変化を生み出さない絵には1円も制作費を払いたくないと思うのです。

 

見る人の心に、ポジティブな変化を生み出すこと。

 

絵の仕事の本質は、そこにあるのかもしれない、と気づきました。

 

仕事の頑張りどころとは

そう考えると、本来の頑張りところは、値引きや24時間対応ではありませんでした。

 

人の心によい変化を生み出す絵を描く事に、最も力を注ぐ事。

 

実際の所、「早いから、安いから、なんでも描ける人だから」という理由の依頼は、なかなかやり甲斐が感じられません。

 

この土俵の中で倒れるほど頑張っても、幸せな絵の仕事はできないのだと、10年経ってようやく気づきました。

 

では、絵の仕事の中で何を提供出来た時に、手応えを感じられるんだろう。

 

見えてきたのはこんなことでした。

 

絵でやりたい事×提供できる価値

絵の仕事で、何を生み出そうとしてたのか、どこにこだわってきたのか…。

 

アイデアで、人の心にプラスの変化を生む。

 

正論じゃなくて遊び心で世の中をちょっとだけ、変える。

 

新しい発想や絵で楽しい企画ができたとき、私はすごく手応えを感じられるし、最高に楽しい。

 

10年間の仕事を振り返りながら、そう思いました。

 

 

頑張りどころがわかると、手放せる

みえてきた、絵の仕事の頑張りどころ。

 

それは自分の強みを活かして、良い変化を生み出す絵を提供することでした。

 

人は、すべての事を頑張ることはできません。

 

早い・安い・言われたタッチでなんでも描く事を、勇気を持って手放してみました。

 

これまで受けていた、大幅な値引き、猛烈な短納期、寝不足覚悟の膨大な案件量…

 

これらの仕事は「自分ではお力になれそうない」と勇気を出してお受けするのをやめてみたんです。

 

収入が大きく減るのではないか…とすごく怖かっかったです。

 

でも結果は逆でした。

 

 

自分らしく、少なく、よりよく。

モグラとニホンリスの絵  打ち合わせのイラスト ニホンリスとアズマモグラ 生態の解説「自分の力を発揮できる」「やりがいを感じられる」「役に立ちたい」

 

そう考えてお受けした数少ないお仕事に、ヒアリングをして企画からじっくり関わり・提案をし・クオリティを上げることに集中しました。

 

同時に進める案件数もグッとしぼったので、寝不足やストレスや焦燥感もありません。

 

スッキリした頭で、ワクワク感を持って仕事を楽しむことができます。

 

お客様にも「また次回も是非!」と、喜んで頂けてひとつひとつの仕事の手応えが強くなりました。

 

中には超人的に仕事をさばく人もいるのかもしれませんが、コツコツ絵を描くタイプの私は、出来ることは限られています。

 

手広く同時に案件を抱えても、きっと1件1件のパフォーマンスは少しずつ落ちていきます。

 

最大量ではなく、最深を目指そう。そう思えました。

 

将来像を考える事は、仕事をもっと好きになる事

カヤネズミのイラスト 月の夜の絵 日本の野ネズミ心の余裕は、視野の余裕なのかもしれません。

 

忙しすぎて、立ち止まれるヒマなんてない…!

 

そう思った時ほど、一度立ち止まってほしいな。

 

現状にひっかかりがあるなら、一度心の違和感に向き合ってみてほしいな、と思います。

 

大好きなことで頑張っている人にこそ、そう思います。

 

大好きな事で、自分とまわりの人も幸せ出来るように。

 

ゆっくりでもいい。スピードを落としてもいい。

 

自分らしい幸せがある方向へ、1歩1歩進んで行くこと。

 

好きなことで成功する以上に、好きなことで幸せになることが、大切なんだ。

そう、感じています。

Ad

日本の小さな生きものイラスト作家 いぬいさえこ
日本の小さな生きものイラスト作家 いぬいさえこ
リス・野ネズミ、こども・繊細なものを描いています。ものごとを掘り下げて考える過程が好き。大学では環境問題や文化を研究。

コンセプトから立ち上げるものづくりが得意です。防犯・教育・環境など、社会とつながるデザインの仕事に多く携わってきました。

正論だけじゃ、人は動けない、解決しない。
どんな課題も、スプーン一杯の遊び心で、笑顔に変わる。
アートにはそんな魔法の力があると信じています。

仕事実績 /レーベル
大阪市 堺市 大阪府警察 東京大学 大阪府立大学 滋賀県知事 日本学術会議 日本損害保険協会 ポニーキャニオン 宝くじ

新聞掲載一覧/ 作品掲載・インタビューなど
産経新聞 毎日新聞 読売新聞 朝日新聞 東京新聞 中日新聞 大阪日日新聞 ほか

詳細⇛実績・メディア掲載歴