プロフィール

 

ヤチネズミ(谷地鼠) 抱きしめるイラスト ネズミのイラスト・絵どんなことも、スプーン一杯の遊び心でフワリと変わる

イラストにはそんな魔法の力があると信じています

 

 

絵にこめた思い

ヤマネのイラスト 絵本  ヤマネの絵 dormouse illust  Picture bookはじめまして。日本の小さな生きものイラスト作家の、いぬいさえこです。

 

ちいさな生き物たちの、ちいさな物語を描いています。

 

こども、動物、星や木々、うつろうもの・繊細なものを描くのが好きです。

 

子供の頃からいろんな事が気になったり、考えたりしてしまう内向的な性格。

 

たくさん悩んでしまう分、繊細な人のこころに、絵でそっと寄り添えたら…と思ってます。

 

 

こわがりだった、子供時代

シマリスの絵 赤ちゃんシマリスのイラスト エゾシマリス  Chipmunk illust

私は小さな頃から怖がりで、気が弱く、小さな事にもビクビクしている子でした。

 

音・光・人の声のトーン、表情、空気の香り…

 

刺激を敏感にとらえるタイプだったのかもしれません。

 

「まわりのみんなは、何故これが平気なんだろう?」

 

「そもそも、何故、こうなっているんだろう?」

 

暮らしの中にある、小さな違和感や、小さな問題、当たり前だと思われているもの…。

 

何気ないことにもつまづいて、深く考えてしまうこどもでした。

 

 

笑顔になれるアプローチをさがした、イラストレーター時代

 

考えるのが好きなのか。

 

それとも、脳が考えてしまうのをやめられないのか。

 

日常の中にある、細々したモノゴトに、5分に1回は「そもそも何故…?」と考えてしまう、我ながら生きづらくて、めんどくさい頭です。

 

そんな気質は、中高生の頃になっても相変わらず。

 

世の中のことを学んで、身の回りの問題をシッカリ考えてみたい。

 

そう思い、大学では環境社会学を専攻しました。

 

そこでなにより大きかった学びは「正論だけでは、人は動けない。」ということ。

 

 

 

人間は、正しい事をできるわけではない。

 

法律や説教や正論を「こうするべき!」とストレートに言うのは、簡単です。

 

でも、理屈や正しさに必ずしも従うわけじゃないのが、人間の奥深くて、人間らしいところ。

 

もっと、人の心に寄り添うアプローチができないか。

 

世の中への問題に、優しさこそが生み出せる、変化球があるはず。

 

そんな思いが、自分にとっての大きなテーマになりました。

 

 

コロロの内面から、社会の中の問題を考える

ニホンヤマネ ヤマネのイラスト・画像 大学で研究する一方、20歳の時にイラストレーターとして独立しました。

 

ずっと絵の仕事の夢を叶えたくて、卒業まで、はやる気持ちを抑えられなかったのもあります。

 

それから10年以上、色んなジャンルのお仕事に挑戦してきました。

 

中でも、警察や市役所のポスターなど、社会とつながるデザインに多く携わってきました。

 

【イラストレーター時代のお仕事】
大阪市 堺市 大阪府警察 東京大学 大阪府立大学 日本学術会議 etc…

詳細⇛実績・メディア掲載歴

 

子供の頃からの心配性や、モノゴトを考えてしまう所が、「社会の問題がテーマ」の仕事にピッタリハマったのかもしれません。

 

 

 

 

絵で大切にしていること

10年以上イラスト制作・デザイナー時代を経て、絵と言葉と届ける作家として、1歩を踏み出しました。

 

人のコロロを出発点に、世の中の「困った」を見てみる事。

 

フワリと笑顔になれる、やさしい提案をする事。

 

その思いは、いまの自分の中でも根っこになってます。

 

タヌキのイラスト ホンドタヌキの親子 タヌキの画像 抱っこのイラストraccoon dog

怖がりな子供時代の自分にとって、世界は怖い場所でした。

  

だからこそ、笑顔で寄り添ってくれる人が1人でもいると、何より安心したのを強く覚えてます。

  

人の笑顔がみたい。

  

誰かに、おだやかに、笑っていてほしい。

  

絵を描く自分が、社会にできること。
それは、一人でも、心が穏やかで、笑っている人を増やすことかもしれない…。
  
そう思うようになりました。
  
ひとは、心がおだやかな時は隣の人に「ま、それもありだよね」と優しくなれます。
  
自分がそんな社会の中で生きたい、という切実な気持ちが、ベースになっているかもしれません。

弱いからこそ、描ける絵があるかもしれない。

自分は弱い。
  
ずっとそんな自分が嫌でした。
  
ずっとずっと、「しっかりしている、イラストレーターと思われたい」と思ってました。
  
10年以上、そんな鎧を着ていました。
  
その頃は、イラストを仕事にしているのに、自分の絵が全く描けませんでした。
  

ここ最近やっと、子供の頃のように絵が描けるようになりました。

  
オリジナルの作品達は、どれも「描かずにはいられなかった」、切実な気持ちから生まれています。
  
日常で繰り返される、小さな生き辛さや、素通りできない違和感、泣きたい気持ち…。
  
そんな、自分の弱さかが、絵のベースになっています。

シマリスの絵 赤ちゃんシマリスのイラスト エゾシマリス  Chipmunk illust
弱い自分が、描かずにはいられなかった絵と言葉。

  
そんな作品をを描いていく中で、「ああ、それも自分だ」と思えるようになりました。
  
弱いからこそ、心細い時に一瞬でもホッと出来ることで、どれほど心が救われるか、手に取るようにわかる。
  
きっと、弱さがあるから、人の痛みに寄り添えるかもしれない。
  
弱さが、自分の良いところのひとつかもしれない。
  
そう思えると「じゃあ、これでいいのかも」と少し、楽になれました。
  
無理に強い自分にならなくても、自分らしく絵を描いて、生きていけたら、それが幸せなんだと思いました。
  

心に寄り添うこと

毎日、たくさん悩んでしまう気質は、あいかわらずです。
  
だからこそ、人のこころに、絵でそっと寄り添える人になりたい、とおもいました。
ニホンヤマネのイラスト ヤマネの絵 少年と星空
悲しい時に素直に泣けたり、元気がない時に少し笑顔になれたり…。
   
そんな、こころに寄り添える絵。
   
1万人に絵を見ていただけたとして、ただ一人でも良い。   
 「あ、いま、この絵と出会えてよかった」と、一人から思ってもらえる絵。
   
そんな絵を表現できる人になりたい。
   

そこに私の、幸せがあるのかもしれないと、感じています。

  

 

 

 

 

趣味は、本を読むこと。

お休みの日は図書館や本屋へ行くことが多いです。

 

ジャンルはバラバラで、心理学、脳科学、経済学、生物学、などなど。

 

その時気になることを調べずにはいられない性格で、好奇心の赴くまま延々と本を読んでます。

 

1日中「あれって、どういうことなんだ?」とか、読んだ本の内容をアレコレ考えながら過ごしてます。

 

絵を仕事に生きてきましたが、人生ベースで換算しても、2:8くらいで、絵を描くより本を読んでる時間のほうが長いかもしれません。

 

でかけた先では、本屋がオアシス。

シマリスのイラスト 絵本 親子のしまりす リスの絵  Chipmunk illust Picture book cut

 

音や光や人の多さに、とても消耗するので、めったに街中は行かない暮らしを送っています。

 

人がたくさんの駅や商業施設にいくと、それだけでヘトヘトに。

 

ただ、でかけた先でも少しでも本屋に入れると、ずいぶん回復します。

 

気になる本を手に取り、活字と自分だけの世界に入ることで、周りのザワザワや光から開放され、心が穏やかになっていきます。

 

用事で街の方に出歩かねばないときは、「もう少しで本屋…もう少しで本屋…!」と念じながら、過ごしています。

 

 

  

  

 

  

  

 

いぬいさえこ 略歴 絵とこれまで


ニホンリスのイラスト リスのこども 絵本タッチ 本を読む女の子の絵絵とリスが大好きな、こども時代

母曰く「怖がりで泣き虫だけど、紙と鉛筆さえわたしておけば、延々絵を描いている子供」だったようです。

毎日絵を描いて過ごすこども時代。

 

3歳の頃から、シマリスが家族になりました。

育児放棄されたリスの赤ちゃんを1匹引き取った事がきっかけです。

   

子供の頃はとにかく、気弱で泣き虫で、友達もうまく作れませんでした。

その時、ずっと家族のシマリスが心の支えになってくれました。

    

    

    

    

里山の自然が、動物の絵の原体験

保育園の頃に島根県ののどかな山の中で暮らし、森や自然・動物に興味を持ちました。

動物や自然をテーマにした絵の、原体験になっているかもしれません。

 

よく物思いにふけり、答えが無いような事を、あてどなく1日中考えてました。

 

虫や魚、鳥、植物達は何を感じているのか…

自分、小さな虫、動物たちは、生きてどこにいくのか…

自分は、どうして生まれてきたのか…

 

世界には怖いものがたくさんあるけど、気になる物もたくさんある。
怖がりな一方で、絵本はじめ、図鑑も好きで、知りたがりな性格でした。    

    

また、空想の世界にふけり、物語を創ることも大好き。

ノート・スケッチブック何十冊分と、絵本・漫画・小説を描いていました。

 

 

学生時代

大阪市立工芸高校 美術科 日本画コース 卒業。

「伝える力のあるイラストレーター」を目指し、大学で人の心や社会の問題を研究するため環境社会学を専攻。

   

イラストレーターになるまで 体験談①
環境問題を学ぶ進路を選んだ理由はこちらの記事を御覧ください。
美術科の高校で3年間過ごして、気づいたこと【高校生編】

   

   

 

絵のお仕事をはじめる

20歳、大学2回生。

   

このwebサイトを通じて、ご依頼を頂いたのをきっかけに、ネットで絵の仕事を開始。

   

その後も複数の企業からご依頼を頂き、在学中の20歳の時に開業届を出し独立。

「イラスト制作 七つの森」開業。

 

イラストレーターになるまで 体験談②

   

 

 

大学で研究をしながら、絵の仕事で学費を捻出

日中は大学での研究やフィールドワーク、帰宅してから絵の仕事をこなし、学費を捻出。

   

カフェレストランの看板、店内美術、化粧品パッケージ、宝くじの券面イラスト、環境問題のポスター…など、幅広くご依頼頂き、イラストレーション・グラフィックデザインの腕を磨く。

 

 

イラストレーターになるまで 体験談③

   

 

 

大学卒業

京都精華大学 環境社会学科 卒業。

 

卒業後は、イラストレーターとして警察署や市役所・書籍の表紙などの仕事に多数携わる。

 

 

 

 

現在

開業してから10年以上。

 

イラスト作家として1歩を踏み出しました。

 

 

 

 

イラストの展示

齧歯げっし  2018/08/11〜08/27
東京 高円寺 CREAM
Hush Little Baby
子守り絵展 2nd
 2018/06/13〜06/19
心斎橋 ai gallery
屋根裏の生物
animal party
2016/07/21〜07/27
心斎橋 ai gallery
Hush Little Baby
子守り絵展
2014/11/26〜12/02
心斎橋 ai gallery
cafe kotona
オープニング展1
2014/06/28~07/19
豊中 cafe kotona
101のあい展 2012/11/17~12/1
心斎橋 ai gallery
暮らしにアートを2 2012/6/1~6/7
西梅田ハービスプラザ4階
8ppy8ppy展 2010/12/4~12/7
梅田 PIAS GYALLERY
Art Park
in Nanba Parks
2010/10/21~10/26
なんばパークス パークスホール
KANSAI ORIGINAL SPIRIT2010 2010/10/8~10/13
南港 ギャラリー・アット・ザ・ハイアットⅡ
アニマルパークス展 2010/09/06~10/03
樟葉 猫カフェにゃんだらけ
天保山マーケット
プレイス似顔絵店
2010/08/23,08/30、08/31
天保山マーケットプレイス
梅田HEPFIVE
似顔絵店
2010/08/22
大阪梅田HEPFIVE
阪急百貨店 堺北花田阪急
似顔絵店
2010/8/13、08/14
堺 北花田阪急
DROPS 4人の作家の
イラスト展
2010/08/04~08/10
京都祇園ぎゃらりい西利
京都 初個展
みちくさ
2010/04/24~/04/29
京都上京区Art Gallery Be京都
breeze in may
五月のそよ風
2010/05/11~05/18
心斎橋 ai gallery